2015年7月28日                                           たった一人の弟が自殺しました。弟の事を忘れる事など一生できないので弟を背負い弟と一緒に生きていこうと思っています。今は哀しみに明け暮れる年老いた両親がとても心配で何が何でも両親より長く生きていかなくちゃ…                    2017年8月27日                                            母の肺に癌が・・・
哀しみが癒えるには、やっぱり日にち薬が一番かな…
決して答えは出ないけど
これからの長~~~い年月
一日一日と日にち薬を積み重ねていかなくちゃ…
スポンサーサイト

【2015/09/02 16:24】 | ひとりごと
|

こんばんは
neko
本当にそう思います。わたしは去年の夏に事故で親しい親類を三人いっぺんに亡くしました。本当に長くて苦しい1年でしたが、一周忌を終えて少しだけ気持ちが落ち着いた気がします。

と思ったとたんに先月父が急死してまた振り出しに戻っちゃったんですが…。

お互いゆっくり癒していきましょう。

nekoさんへ
uka
そうでしたか、、、
いつかは誰しも…とわかってはいるのだけど、やはり肉親の死は人生で最大の試練ですよね。
私の両親も80を過ぎていて、あとどのくらい…と考えるだけで胸が締め付けられます。
コメントどうもありがとうございます。


やまもとまこと
Leave.の、やまもとまことと申します。
ブログへのコメント、ありがとうございました。

日にち薬、確かにあると思います。
もちろん、悲しみがゼロになることはないのですが…
それでも、生きよう、という気力が湧く日は、きっと来ます。
例え少しずつでも。

穏やかな日々が少しでも早く訪れますように。
これから寒くなってきますし、どうか心身ご自愛くださいね。



やまもとまことさんへ
uka
温かいコメントどうもありがとうございます。
本当にそうですね、弟がいなくなって4ヶ月弟の事は毎日思い出して涙していますが、弟の事は、一生背負っていく覚悟です。

コメントを閉じる▲